若返りが出来る化粧品を使用~素肌チェンジの極意~

女性

産後の悩みを解決する

ボディ

妊婦さんはケアが大変

妊娠は、女性にとって一世一代の大イベントです。子供を妊娠してから10ヶ月もお腹の中で大切に育てて、痛い思いをして産むわけですから、子供を無事に産みたいという気持ちは強いはずです。体が細い人でも、だんだんとお腹が大きくなるにつれてお腹の皮膚も伸びていきます。個人差はかなりありますが、特に9ヶ月を超えて臨月になればその大きさは驚くほど大きくなります。この妊娠して皮膚が伸びていく段階でできるのが妊娠線と呼ばれるものです。妊娠線は、皮膚が伸びる段階でその跡がつくことで、これによりその跡が消えないまま残ることがあります。この妊娠線をコンプレックスと思ってしまう妊婦さんも多いのです。これを予防するには、いくつかの方法があります。

具体的な対策は

美意識が高まり、妊娠線がコンプレックスとして捉えられるようになってから、予防するための方法がいくつか考えられるようになりました。まず、体重を増やしすぎないことです。昔であれば、子供に栄養がいきわたるようにと、ご飯をたくさん食べるよう言われてきましたが、最近では体重を増やしすぎると医師から注意を受けるほどです。体重が増えすぎると、妊娠線ができる可能性が上がりますので、予防のためにも太りすぎないことが大切です。他にも、妊娠線を予防するためのクリームがあります。様々なブランドにおいて作られているこのクリームは、妊娠している段階でお腹に塗ることで予防するものです。赤ちゃんにも妊婦さんにも優しい成分で作られているため、安心して使えます。